POLO/POEA申請

フィリピン人(フィリピン国籍者)を雇用するとき、POLOおよびPOEAへの申請が必要です。この申請は、既に日本にいるフィリピン人がアルバイトから社員へ変わるときや、勤務先が変わるときにも必要です。当社は、書類作成の代行など、申請をサポートいたします。

特徴

POLO申請~フィリピン出国の流れ

STEP 1

書類準備

  1. [必要事項シ-ト]へご記入いただきます(シートは当社からE-mailにてお送りします)
  2. 雇用会社様に代わり当社が申請者様(フィリピン人従業員)へ連絡し、必要な本人関係資料を収集します
  3. 上記①②に基づき、当社が申請書類を作成します

STEP 2

PRAとの契約

POLO指定のRecruitment Agreement(RA)を、当社指定のPRA(フィリピン政府公認の認定送り出し機関)と締結して頂きます

STEP 3

POLOへ申請

雇用会社様からPOLO東京またはPOLO大阪へ、申請書類を提出していただきます(POLOの規定により、雇用会社様のみがPOLOに対して申請・質問することができます)。

STEP 4

補正対応

提出書類の補正が必要と判断された場合、評価書や提出書類一式が雇用会社様へ返送されます。評価書や提出書類に記載された指示に従って修正し、POLOへ再提出します。英語面接を要求される場合もあります。

STEP 5

POLOの承認

「POLOの承認印が押された提出書類一式」および「登録推薦書」が、雇用会社様へ送られます。

STEP 6

承認済書類の転送

「POLOの承認印が押印された書類一式」および「登録推薦書」を、雇用会社様からPRAへ国際郵便で転送していただきます。

STEP 7

フィリピンでの手続

  • OWWA(フィリピンの海外労働者福祉庁)メンバーシップへの登録
  • PDOS(出国前オリエンテーション、Pre-Departure Orientation Seminar)の受講
  • BM Online(Balik-Manggagawa Online Processing System)アカウントの作成

STEP 8

OEC取得

就労目的でフィリピンを出国するとき、空港の出国審査カウンターでOEC(海外雇用許可証)を提示しなければなりません。OECは、発行手数料を納付することで、BM Onlineから出力できるようになります(PRAがサポートいたします)。なお、OECの有効期間(60日間)内にフィリピンを出国しなければなりません。

費用

330,000 (申請者様1人あたり)

<費用内訳>

POLO提出書類作成¥300,000
POLOからの補正指示に対する書類修正およびアドバイス
フィリピン国内でのサポート(出国まで)
通信費(国内・国際郵便など)
POLO規定によるPRA手数料(1,700USD)
消費税¥30,000

POLOが指定する書類(Form 04)の日本国内での公証費用は含まれておりません

<注意>

企業様によって進め方が異なりますので、まずはお問い合わせください。

お問い合わせ

contact

一般社団法人外国人就職支援センターでは
お問い合わせいただきました内容に個別に丁寧に対応させていただきます。
外国人人材紹介POLO/POEA申請国際インターンシップなど
外国人の雇用に関することはお気軽にご相談ください。

0996-31-8403